2015年07月22日

アンセイエ購入記3・CCFオオモリの展示会

非常につらい宣告を受けたフレンディの車検から数日後のことである。

私はフレンディの修理代が30万かかるとして、
次の車検までの二年間の間に修理代貯金をする場合の月々の金額を計算していた。

そんな私の心境を知ってか知らずか、
妻が一枚のハガキを持ってきた。

妻「こんなん届いてるんやけど。」
それは、キャンピングカーショップCCFオオモリが主催する展示会の案内ハガキだった。

何故、今、このタイミングで!?

そういえば、6年ほど前に妻に誘われてCCFオオモリの展示会にひやかしで行った際にアンケートに答えて以来、毎年ハガキが来るようになっていた。

妻「この日なら予定無いし、遊びがてら行ってみいひん?」
私「・・・そやな。とりあえずまたひやかしで見に行ってみるか。」

そんなわけで、キャンピングカー購入の事前工作を着々と進める妻の意図もあまり理解せぬまま展示会に向かうのであった。

展示会場には色々なタイプのキャンピングカーがあった。
1ショップが単体で主催しているにしてはかなりの数だと言えよう。

そして、ほぼすべてのキャンピングカーを見た後、
とても心に残った機種があった。
それがバンテック社のコルドバンクスだった。

リアの二段ベッド、広いトランクルームなど、
我が家で使用するには理想的なキャブコンだった。

私と妻はとても気に入ったのだが、
価格を見てため息が出た。

当たり前だが、かなりの金額である。

やはりキャンピングカーは金持ちの道楽カーなのか。
我が家で買えるようなシロモノではない。

価格表をぼーっと見つめながらキャンピングカーは憧れの車でしかないと再確認した私であった。

↓応援クリックお願いします!!↓

にほんブログ村


posted by よっしーパパ at 17:29| Comment(0) | アンセイエ購入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

アンセイエ購入記2・キャンピングカーの息吹

オートバックスでフレンディの修理代が30万ほどかかると言われた私は、
ブルーな気持ちを引き連れ帰路についた。

もちろん帰り道は修理代の事ばかりが頭の中を駆け巡る。

家に帰った私は妻にフレンディの事を伝えた。
すると妻は、
「ふ〜ん・・・」
と答えたまま、何も言わずにリビングのパソコンに向かった。

なんだ、この反応の薄さは?

私の予想では、
「それは大変!」とか、
「え〜、どうしよう〜!」
などと返事が返ってくるとばかり思っていた。

しかし、妻は何も言わずPCを見続けている。

私は妻が何を見ているのか気になり、
妻が見ているPCの画面を覗いてみた。

そこには、
「キャンピングカー特選中古車」
などと書かれたサイトが映し出されていた・・。

この人、もうフレンディを売るつもりでいる!!
たった今、車検を受けてきたばかりなのに!
しかも、キャンピングカーに乗り換えるつもりか!?

私は心の動揺を隠し、
妻に恐る恐る聞いてみた。
私「あの〜、もしかしてキャンピングカーに乗り換えるつもりでは・・?」
妻「私、20年前からキャンピングカーに憧れててん。」
私「いやいや、キャンピングカーって・・・」
妻「もしフレンディちゃんの修理代が30万もほんまにかかるんやったら、こういう選択肢もあるかな〜と思って。」

私自身、キャンピングカーは憧れの車である。
しかし、それはあくまで憧れであり、手が届くとはとても考えていなかった。
キャンピングカーの知識も全くなく、
ましてや、購入しようなどとはまったく思っていなかったのである。

しかし、過去に妻に誘われてキャンピングカーの展示会に二度ほど足を運んだことがある。
思い返せばこれは、妻がキャンピングカーを私に買わそうとする事前工作だったのかもしれない。
そして今、その時が来たとばかりにキャンピングカーのサイトを見ているのではないか?

私は動揺しながらも、とりあえずこう口にした。
私「まだ、フレンディの修理代がほんまに30万かかるとは確定してないから、一回ちゃんと修理の見積もりを出してもらいに行こう。。」

そう言った私はまだフレンディを手放すつもりはなかったのである。

↓応援クリックお願いします!!↓

にほんブログ村
posted by よっしーパパ at 18:25| Comment(0) | アンセイエ購入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンセイエ購入記1・フレンディの車検

それはわずか数か月前の事だった。

中古で購入したオートフリートップ付のフレンディも我が家にやってきてから早くも7年の月日が流れようとしていた。

今年は車検の年で、いつものようにポイントが沢山付いてくるオートバックスにフレンディの車検を依頼した。

数時間後、スタッフから車検を終えた旨の連絡があったので、
店内をブラブラしていた私はピットへと向かった。

そこで私は衝撃の事実を知らされることになる。

店員「車検終わりました〜。」
私「ありがとうございます〜。」
店員「今回気になった点ですが、オイル漏れがありますね〜。」
私「どれくらいですか?」
店員「結構漏れてる感じです。今回はなんとか通りましたが、次の車検は絶望的かと・・・」
私「マジですか・・・」
店員「ちゃんと見ないと分かりませんが、直すとなると30万からはかかると思います。」
私「30万!?」
私「・・・分かりました。ありがとうございました(大汗)」

私は心の動揺を抑えつつ、オートバックスを後にした。

現在、フレンディの走行距離は65000Kmほどだ。
中古を買ったので、いつかこんな日がくるとは思っていたが、
まさかこんなに早くその日がやってくるとは思わなかった。

走行距離が10万キロくらいまでは手を加えなくても大丈夫だろう。などと勝手に思い込んでいた。

私はフレンディが好きだ。
過去に何台もの車を乗ってきたが、
その中でも1,2を争うくらいの愛着度合だ。

何といってもオートフリートップという通常の車では装備されていない、
特別な装備がある。
これのおかげで、家族との色々な思い出ができた。

妻の買い物に付き合って出かけた際は、
妻が買い物をしている間、オートフリートップで昼寝をしたりして時間を有意義に使えた。

完全なフラット状態のスペースがボタン一つであっという間に出来上がるのだから、
一度この快適さを味わうと戻れなくなってしまう。

それほど好きなフレンディだから、
次の車検までに修理代を貯めなければとブルーな気持ちで家に帰るのだった。

↓応援クリックお願いします!!↓

にほんブログ村
posted by よっしーパパ at 13:16| Comment(0) | アンセイエ購入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。