2015年08月26日

車中泊用のマットについて。

思い返せば、今まで数々の車中泊をしてきました。
釣りで遠征に出かけた時は必ず車中泊だったし、
もっと昔はGTOのセミバケで車中泊もしていました。。

スポーツタイプの車を乗り継いできた私ですが、
フレンディの前に乗っていたウイングロードから脱スポーツカー(走り屋)となり、
ウイングロードで初めて車中泊用にエアマットを導入しました。

このエアマットが曲者で、中々に自分に合うものを見つけるのに苦労しました。
エアマットといっても沢山種類があり、お値段もピンキリです。

それでも一個数千円はする買い物ですので、せっかく買ってイマイチだった時にはかなりテンションが下がります。(^^;

なので、少しでも参考になればと思い、私が過去に使用してきたエアマットを紹介します。

ea1.jpg
最初に購入したのがこちら。

最初のエアマットということで、様子が分からずに買ってみたのですが、
厚さが無いので、シートの凸凹が解消されず、エアマットに乗っても多少マシ程度でした。
あと、もう一点の落とし穴は、波状の谷底部分にゴミやホコリがたまり、掃除がかなり面倒でした。。

ea1-2.jpg
次に購入したのがこちら。

最初のタイプよりも厚さがあり、シートの凸凹はかなり軽減されました。
しかし、一人用の幅のエアマットの宿命か、幅が無いのでやはり完全には凸凹を消し去ることはできませんでした。
さらに、厚みが増したことにより、ボヨボヨ感が出てきて、寝返りをうつ際に転げ落ちることが何度かありました。

この二点を使用後、フレンディに乗り換えました。
車内幅がUPしたのでこれを機にもっと厚みと幅のあるマットに買い換えました。

ea2.jpg
それがこちらです。

「ここまでしっかりしたエアマットだったら完璧だろう」と思って購入したのですが・・・

確かに、厚みがあるのでシートの凸凹感は完全に消え去りました。
しかし、エアマット自体がボヨボヨしており、寝ている間に腰が痛くなりました。
また、耐久性が悪いのか、特にラフな使い方をしていませんでしたが、数回使用しただけでどこかからか空気が漏れるようになってしまいました。

そこで、今度は思い切って高価なものを買ってみようと探した結果、
オカモト産業のRVマット(フルフラットマットとも言う。)というものを見つけました。
当時、3万円オーバーで販売されており、とてつもなく高かったのですが、思い切って買ってみました。

使用してみた結果、これがとても具合がよく、エアーを入れるとかなり剛性の高い一枚の板状となります。
完全にシートの凸凹は消し去る上に、剛性が高いので、シートとシートの間に橋渡しをしてもたわまないくらいにしっかりしています。

だからといって、カチカチではなく、適度な弾力もあるのでとても寝心地がよかったです。
我が家では現在でも現役ですが、残念ながらこのマットは販売中止となってしまったみたいで、現在は入手が困難となっています。
もし、ヤフオクなどで見つけたらぜひゲットしておきたい逸品です。

ということで、私なりに車中泊時のエアマット選定の基準をまとめてみますと・・・

・あまり薄いとシートの凸凹が消し去れない。
・厚みがあって幅が広いとボヨボヨ感があり、腰が弱い人は腰痛になる。
・厚みがあり、なおかつ高反発な硬い素材の方が寝やすい。

といった感じでしょうか。

車中泊用にエアマットを探している方、何かの参考になれば幸いです(^^)

↓応援クリックお願いします!!↓

にほんブログ村


posted by よっしーパパ at 18:41| Comment(0) | 車中泊グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

多機能!寝袋(シュラフ)クッション

今回はフレンディで使用していた車中泊グッズを紹介してみたいと思います。
6〜7年前に購入したので、どこで買ったかも忘れてしまいましたが、今でも現役で愛用しています。

それがこちら・・・

DSC02818.JPG
多機能クッションです(^^)

通常時はクッションor枕として使用しています。

そのクッションの中身を取り出すと、羽毛が詰まった寝袋が出てきます。

DSC02819.JPG
こちらが寝袋モード。

チャックで完全に封筒状となっており、
首を出す側のみ開いています。

DSC02820.JPG
首を出す側です。

DSC02821.JPG
足側はこのようにチャックで閉じられています。

そして、そのチャックを全て外すと、一枚の羽毛布団モードになります。

DSC02822.JPG
こちらが布団モード。

このクッション、結構お気に入りでアンセイエにも搭載しようと思っています。

ゴリゴリのテントキャンプでは心もとないと思いますが、キャンピングカーに搭載する場合ですと、普段はバンクヘッドの片隅にでも置いておき、いざという時にはゲスト用の布団としても使えると思います。

↓応援クリックお願いします!!↓

にほんブログ村
posted by よっしーパパ at 17:36| Comment(0) | 車中泊グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

キャンピングカーのローン代、月額事例。

キャンピングカーが欲しいけれど、高価すぎてとてもじゃないけど手が出ないな〜。
と、思っている人は多いかと思います。

私もつい最近までそう考えている一人でした。
ということで、キャンピングカー購入で気になる要素の一つが新車で購入したら月々のローンがどれくらいになるか?
というところを、恥ずかしながら我が家のケースで紹介してみたいと思います。
このブログを訪れていただいた方に少しでも参考になれば幸いです。

まず、今回購入したアンセイエですが、我が家はガソリン車を購入しました。
オプションが付いていない状態の価格で628万円。(税込)

それにあれやこれやとオプションを約100万円ほど付けて(汗)、合計が約730万円ほどとなりました。

この730万円を無謀にもフルローンで購入しようとしましたが、やはり審査が通りませんでした(^^;

そこで、50万円の頭金を入れて、保証人を二人付ければ審査に通りそうとのことだったので、嫁と義父に保証人になってもらいローンが通りました。

頭金を差し引いた額で680万円を10年ローンで組んだ結果・・・

月々の支払いが6万5千円となりました。
ちょっとしたマンションの家賃ですね。。(汗)

今回、このローンを組むに当たって、家計やお店の経費の見直しを徹底し、月々の負担額をかなり軽減することに成功しました。

今まで「なんとなく」で支払われていたものや、無駄な経費を今回のアンセイエ購入で見直すことが出来てよかったかと思います。

キャンピングカー購入を考えている方、このページが何らかの参考になれば嬉しいです。

↓応援クリックお願いします!!↓

にほんブログ村

posted by よっしーパパ at 19:03| Comment(0) | アンセイエ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

アンセイエのグレード

私は購入に至るまで、HPや各雑誌の紹介記事で色々と仕様などを調べていましたが、掲載されている雑誌やHPによって若干仕様等が違うことがあり、戸惑う事がありました。

そこで、これからアンセイエを購入しようかと検討している方へ、私が知り得たアンセイエの仕様などを紹介したいと思います。

アンセイエには2015/8月現在、二つのグレードがあります。

一つはアンセイエ(DX)ともう一つはスタンダードの二種類です。
価格にして約30万ほどの差があります。

見た目の違いは本体のカラーです。
ツートンの下部分の色がDXはゴールドで、スタンダードは青みがかったシルバーになっています。

そして、最も大きな違いはダイネット部のシート形状です。
DXは前向き乗車にセッティングできる可動式シートに対して、スタンダードでは対面固定のシートとなります。
いずれも展開してベッドにできます。

そして、もう一点の違いは乗車人数です。

DXはキッチンの横に進行方向に対して横向きに座れる一人用の椅子が装備されているので、最大8人乗車になります。
スタンダードはその部分が無いので最大7人乗車となります。
その代り、スタンダードは冷蔵庫の容量がDXよりUPしています。
DX:40L
スタンダード:56L

その他はほぼ同じですが、一部スタンダードではオプション装備の物がDXでは標準装備になっています。

●スタンダードではオプション装備のもの。
・エントランスドアオートロック機構
・インバーター2kw正弦波
・コンバーター
・ツインバッテリー

↓応援クリックお願いします!!↓

にほんブログ村
posted by よっしーパパ at 18:05| Comment(0) | アンセイエ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。