2016年04月01日

アンセイエ・ミスティック25周年記念モデル

今回はアンセイエのアンセイエ・ミスティック25周年記念モデルを紹介したいと思います。
現行モデルとどこが違うのか?
ウチのアンセイエと比較しながら紹介したいと思います。
長文注意!です(笑)

以下、25周年記念モデルは「25th」、現行モデルは「DX」として記載します。
比較写真は左が25th、右がDXとなっています。

hikaku1.jpg
まずはシート形状とデザインです。
25thはヘッドレストが繋がっているデザインに対し、DXはそれぞれが独立しています。

そして、見た目は地味ですが、大きく変わったのがシートの仕様です。
DXは二列目、三列目共に可動シートでしたが、
25thは二列目のみ可動で三列目は固定シートとなりました。

じゃあ、それによって何が変わるの?
ということころですが、
一言でいってしまうとリクライニングができるかどうか。
というところですが、すぐ後ろにマルチルームの壁があるので、
感覚でいいますと、約5度〜10度ほどのみリクライニングできます。
25thで三列目を垂直固定で座るか、DXのわずかなリクライニングを取るかというところです。

ただ、三列目固定にした恩恵はかなりあります。
それは次に紹介する写真です。

hikaku2.jpg
赤い矢印部分ですが、こちらはインバーターなどを収納するBOXですが、DXでは二列目のシート下に設置されています。
これが意外と座った時に足と干渉したりします。

このBOXが25thでは三列目シート下にすっきり収まりました。

hikaku3.jpg
こちらはエントランス入ってすぐ左の部分です。
デザインが大きく変わり、DXは運転席とダイネットの仕切りの延長といった感じですが、
25thの方が「台」に近くなりました。

hikaku4.jpg
こちらはそのすぐ上の部分です。
ウチのDXは棚をレスにしてもらったのでありませんが、こちらにはシューズボックスになりそうな棚が付いています。
25thモデルの方が貼りだしがある分、棚の容量が増えました。

hikaku5.jpg
こちらは二列目シート真上の棚部分です。
収納棚のデザインも変わりました。
左矢印部分の後ろですが、バンクベッドと収納棚の仕切りが無くなっていて、DXよりも解放感が出ています。
右の矢印はカーテンです。25thは電動カーテンが付いているそうです。
DXにはカーテンは付いていません。

ちなみに、25thはこの電動カーテンが付いているので、現行モデルのオプションであったホームシアターのロールスクリーンは付けられなくなっています。

hikaku6.jpg
こちらはエントランス側の上部です。
ここはそれほど変わりはありませんが、カーテンの色が変わっています。

hikaku7.jpg
こちらは三列目シートです。
先に書いたように、25thは固定、DXは若干可動します。
左の矢印ですが、テーブルの形状も違っています。
25thは写真のように軽く円弧になっているのに対し、DXは角以外は長方形です。
右の矢印部分がDXでは二列目シート下にあったBOXですが、25thでは写真のように三列目シートしたに移動しています。

さらに、そのBOXの位置を比べてみましょう。

hikaku8.jpg
赤矢印部分がそのBOXです。
こうやってみると、足元がいかにすっきりしたかが分かります。
これはちょっと、いや、かなり羨ましいです(笑)

hikaku9.jpg
続いてこちらはエントランスすぐ右隣りです。
こちらも大きく変わっています。
25thはエントランスギリギリまでシンクの台が伸びており、DXは一人がけのシートが付いています。
どちらかというとスタンダードの仕様に似ています。

hikaku10.JPG
角はこのように収納棚になっています。
一人分のシートを無くした代わりに収納が増えたのと、冷蔵庫の容量がかなりUPしています。

hikaku11.jpg
こちらはシンクの真上の収納棚です。
こちらもデザインが変わっています。
特に、赤矢印部分はかなり変わりました。
そういえば、この部分、中は換気扇の排気システムが埋まっているはずですが、中はどうなっているのでしょう?
確認するのを忘れていました(汗)

hikaku12.jpg
こちらはシンク台のレイアウトです。
25thは冷蔵庫の容量が増えた分、電子レンジが右側に来ています。

hikaku13.jpg
こちらはリアの二段ベッドです。
シンクとベッドの仕切り板の形状が異なっています。
上の矢印は外部扉です。これも25thになって加わった装備です。
左下の矢印部分ですが、25thはなにも穴が空いていませんが、DXは持ち手のようにくり抜かれています。
右下の矢印部分は曲線の形状が変わっており、右側を頭にして寝た場合、覗く隙間が違ってきます。

hikaku14.jpg
続いてマルチルームの壁です。
左上の矢印部分ですが、この壁紙が大きく変わりました。
これで車内のイメージがかなり違う物に感じます。
左下の矢印は三列目シートのヘッドレストです。
こちらも25thは丸い筒型の形状、DXは独立したヘッドレストと違っています。
右下の矢印ですが、これがマルチルームの扉となります。
この扉も大きく変わっていて、DXの平面の扉から、山型に形状が変わっています。
この写真ではよく分かりませんので、もう少し拡大して見てみましょう!

hikaku15.jpg
矢印部分に注目してください。
DXが通常の平面の扉なのに対して25thではこのように山型になっています。
この形状にすることによって、マルチルーム内の容量を少しでも広くしようという斬新な試みです。
実際、この張り出し部分ですが、もともと三列目シートが張り出しているので、扉が張り出しても何の問題もないかと思います。
これも羨ましい装備です(^^;

hikaku16.jpg
こちらはマルチルームの扉を開けたところです。
25thは扉の内側にトイレットペーパーホルダーが付いています。
展示車はカセットトイレが付いていましたが、オプションかどうかは不明です。
DXはオプション装備でしたので、我が家は装備せずに災害用折りたたみトイレを購入しました。

そして、マルチルームの奥の壁ですが・・・
何とオシャレな棚が付いていました!

hikaku17.jpg
左写真が25thモデルですが、鏡付きのオシャレな棚が付いています!
右写真は我が家のDXですが、何もないので通販で突っ張りコーナーラックを購入して付けました(^^;

hikaku18.jpg
こちらはマルチルーム上部です。
25thは左上にスライド式のスポットライトが二基付いていました。
DXは上部に棚が付いており、その棚の下にLEDライトが二つ付いています。

あと、もう一つ・・・

hikaku19.jpg
写真の矢印の装備ですが、コレ、ダイネットのテーブルを立てかけて固定する物だそうです。

現行モデルではダイネットのテーブルを取り外した時、置き場所が無くて、我が家ではバンクベッドに放り込んでいましたが、25thではマルチルームに立てかけることができるようになりました。

hikaku20.jpg
こちらは三列目シート横の壁側です。
25thは矢印のように電動カーテンが付いています。
DXはオプションですが、プロジェクターを映すためのロールスクリーンが埋め込まれています。

ここで、少しリアベッドに戻ります。。

hikaku21.jpg
先程も少し触れましたが、進行方向に向かって左側、つまり左側面のリアに扉が付いていました。
現行モデルでは右側面のみでしたが、25thは両面に扉が付いています。
これは側面からトランクへの出し入れのしやすさがかなりUPするのではないでしょうか?
ちなみに右側写真の矢印の青いドームは「ドーム枕イグルー」という物です。
気になって通販で購入してみました(^^;

と、これまで、だいたい同じ感じに25thとの比較写真を撮って並べてきましたが・・・

ここでまさかのデジカメ故障!(TT)

理由は分かりませんが、
完全にデジカメが死んでしまったのでここからは25th単独写真での紹介です(汗)

hikaku22.JPG
こちらは二列目シート横の壁です。
付いている装備類は同じですが、壁のデザインが変わっています。

あと、運転席、助手席のシートですが、
内装に合わせてたシートカバーが付いていました。
hikaku24.JPG
営業のI氏いわく、このシートカバーだけでかなりコストがかかっているそうです!

ここまで、一通り中を見てきましたが、次は外を見てみましょう!
外装も結構変わっています。

hikaku23.JPG
まずはホイルキャップ!
シルバーメッキされていてピッカピカになっていました!

hikaku25.JPG
こちらが先ほど書いた、左側の扉です。
これで、左右、後ろと三方向から車内にアクセスできます。

hikaku26.JPG
こちらはオプション装備のラックです。
耐荷重は聞いていませんが、バイクも積めるのかな?

hikaku27.JPG
こちらが外装最大の変更点。スペアタイヤです。
現行モデルではスペアタイヤの置き場所が無く、トランクルームに入れてあるのですが、タイヤ一つ分がやたらと場所をとり、荷物を入れる容量が減っていました。
かといって、スペアタイヤを降ろして、パンク修理剤だけでは心もとないので、どうしようもなかったのですが、今回25thはリア背面に装備することが可能になりました。
現行モデルでは残念ながら強度の問題で装備することができなかったそうです。
おそらく、25thはリアにタイヤを装備することを前提で強度設計をし直したのだと思います。

ただ、見ての通り、タイヤが背面に装備されるので、リア下段ベッドのオプション装備のアクリルウインドウは付けられないと思います。
下段ベッドのウインドウは運転席から後方が肉眼で確認できて結構重宝していますが、
その利点を取るか、トランクのスペースを取るかといったところでしょうか?

hikaku28.JPG
こちらが右後ろの扉です。

そういえば、色のお話をしていませんでしたが、
25thもでるは専用色になっていました。

モデルによる色の種類は、
・スタンダード→シルバー
・DX→ゴールド
・25th→ガンメタ
となります。

お次は外側からダイネットを覗いた画像を・・
hikaku29.JPG
今回、25thモデルは室内をより開放的な感じにするというコンセプトで制作したらしいです。

hikaku30.JPG
あと、木材部分は現行モデルよりも光沢が多用されています。

あ、もう一点内装部分を忘れていました。(汗)

hikaku31.JPG
上記矢印部分ですが、ダイネットと運転席の仕切り部分がDXでは布張りのような感じでしたが、25thは光沢のある板に変わっていました。

最後にリアの部分です。

hikaku32.JPG
左リアの写真ですが、シンクの水タンクの給水口の位置が変更になっていました。

以上、私が見て気付いた25thモデルとDXの変更点でした。

25thモデルになってかなり印象が変わった感じです。
現行モデルをユーザーの立場になって検証し、それらを改善していっている点があちこちに見受けられます。
25thモデルほど大きく変わらなくても、
アンセイエは年々進化していくのではないでしょうか?
今後の進化にも期待です。
といっても、もう我が家は買い替えることは出来ませんが(^^;

↓応援クリックお願いします!!↓

にほんブログ村



posted by よっしーパパ at 18:52| Comment(2) | アンセイエ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

アンセイエDXのシートについて。

アンセイエはスタンダードとDXのグレードがありますが、最大の違いはシートの形状です。
DXのシートはFASPシートが採用されているので、走行時、二列目シートも前向きで乗車できます。
後部に人を乗せた時に前向きの方が車酔いしにくいかと思い、私はDXを選びました。

あと、スタンダードのシートは固定で背もたれが垂直なのに対し、DXのシートは多少のスライド、リクライニングができるのも選択した要因の一つです。

そこで今回、走行モード(前向き)のシートでどれほど調整できるかを見てみたいと思います。
今回は人が乗っていませんが、いずれ人が乗ったバージョンもUPしたいと思います。
※この記事は身長170cm、標準体型の男性の私が座った感じを元に書いています。

まずは二列目シートの前後スライド幅です。

sito1.JPG
一番後ろへスライド。

sito2.JPG
一番前へスライド。

一番後ろにスライドすると足元がかなりゆったりします。
逆に一番前にスライドすると足が床に置けないくらい狭くなります。

ただし、一番後ろにスライドすると三列目シートの足元が極端に狭くなるので、
中間くらいがベストかと思います。

続いて三列目シートの足元です。

sito3.JPG
二列目シートを一番前にスライドした状態。
二列目シートの下にあるBOXはシートベルト格納用のBOXです。
子供だと床に足を置くことができますが、大人だとこのBOXの上に足を置く方が楽かと思います。

sito4.JPG
二列目シートを一番後ろにスライドした状態。
この状態ですと三列目は荷物置き状態です。。

続いてリクライニングです。

sito5.JPG
こちら二列目シートの垂直状態です。
二列目はかなり自由にリクライニングできます。

sito6.JPG
写真ではこれくらいにしてありますが、三列目シートに当たるまでもっとリクライニングできます。

シートを走行モードにして乗る場合、家族四人までだと二列目シートをゆったりと使い、三列目シートを割り切って荷物置きとするのが良いかもしれません。
現在我が家ではダイネット展開するのが面倒なので、家族だけで乗る場合は子供を三列目に座らせて二列目は荷物置きにしています。

続いて三列目シートのリクライニングですが、こちらはマルチルームが後ろにあるのでリクライニングがほとんどできません。

sito7.JPG
こちら三列目シートを垂直にした状態。

sito8.JPG
三列目シートを垂直にし、一番後ろにスライドさせ、二列目シートを一番前にスライドさせた足元の状態。
つまり、三列目シートの足元が一番広い仕様がこれです。

sito9.JPG
三列目シートを垂直にし、一番前にスライドすると若干隙間ができます。
私感ですが、この若干の隙間が結構大きな意味を持ち、この隙間分三列目シートをリクライニングさせることができます。

このクラスのキャブコンで三列目シートがリクライニングできる車種は珍しいかと思います。
わずかでもリクライニングできることで乗り心地や疲れ度合いが随分変わってきます。

sito10.JPG
三列目シートをめいっぱいリクライニングさせた状態。
このわずかな角度でも随分座り心地が変わってきます。

以上、DXのFASPシートについてのレビューでした。

もう一点、購入してから気付いたことがあります。
実は、このDXのFASPシートですが、前向き乗車モードでないとシートベルトが装着できないということです。
つまり、ダイネットモードで対座で高速道路は乗れないのです。

ただ、私がスタンダードの試乗車に乗った時の感想は三列目シートの下が収納BOXになっているのですが、収納スペースを多めにとってあるため、座面の奥行きが少しありすぎて背もたれまでが遠いので若干座りにくさを感じました。
あくまでこれは私の私感なので、体形、身長によって体感は人それぞれ違います。

長旅を対座でワイワイしながら移動したいと思う方は十分に検討が必要かと思います。

最後に追記です。

sito12.JPG
こちらが二列目シート下にあるシートベルト収納BOXです。

sito11.JPG
ダイネット展開する際、二列目シートをこのように回転させます。
シート下に見えているのはオプションの正弦波インバーターです。

↓応援クリックお願いします!!↓

にほんブログ村
ラベル:FASPシート
posted by よっしーパパ at 12:00| Comment(6) | アンセイエ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

アンセイエ特注オプション

前回はアンセイエの通常オプションを紹介したので今回は特注オプションを紹介したいと思います。

まずは通常オプションの液晶テレビです。
モノ自体は特に変わりはないのですが、取り付け位置を変更してもらいました。

opusyoncus1.jpg
通常はエントランスのすぐ横なのですが、窓際に配置していただきました。

このテレビにはアームが付いていて・・

opusyoncus2.jpg
窓際にしたり・・

opusyoncus3.jpg
シート正面にしたり、角度は好きに変更できます!
ただ、こちらに配置したため、液晶テレビを付けているとプロジェクタースクリーンを使う時に干渉してしまいますので、テレビをアームから外さないといけません。。

お次はリア二段ベッド用のラダーです。
こちらはオプションではなく標準装備なのですが、我が家は小さい子がバンクベッドで寝るので落下防止にバンクベッドの柵として制作していただきました。

opusyoncus4.jpg
矢印部分がラダーを流用した柵です。もちろん取り外し可能です。
これは本来の使い方であるリア用のラダーと柵としての兼用はできないため、リアベッドに昇るときはバンクベッド用のラダーを持っていかなければなりません。
小さいお子さんがいる場合はこの仕様だと安心ですが、そうでない場合は通常のラダーとして注文した方が使い勝手はよいと思います。
(リアベッドに昇る際、いちいちバンクベッド用のラダーを持っていかなければならないため。)

お次はこれも標準装備の物ですが、エントランス横の靴置きです。

opusyoncus5.jpg
こちらが標準で装備されている下駄箱?のような物置きです。

しかし、色々と検討したところ、この物置がなければ色々とスペースを有効利用できるのではないか?
と思い、物置レス仕様でお願いしました。

opusyoncus6.jpg
こちらが我が家の仕様です。すっきり何もないので将来的にここのスペースを有効利用したいと思います。

そして次は電源です。

アンセイエのオプションに100Vアウトプットというものがあります。
車外で100V電源を使用する際、ボディに100Vコンセントが付いていて車内から電源を引っ張らなくてもよくなる仕様です。

我が家はこのオプションを付けたのですが、さらに追加で12V用のシガーソケットも付けてもらうことにしました。

opusyoncus7.jpg
12Vソケットが特注仕様です。
使い道は・・・そのうち考えます(笑)

もう一つ電源での特注オプションです。

opusyoncus8.jpg
こちらはマルチルーム内です。
マルチルームで何かしら電源が必要になった時のために100コンセント追加で装備してもらいました。
こちらの使い道も・・・そのうち考えます(笑)

次はダイネットの照明です。
本来、メインの天井照明はファンを挟んで長方形の照明が二基付いているのですが、ファンをマルチルームに移動したため、元々ファンがあった位置が何もなくなってデザイン的に寂しくなってしまいますのでその代わりに追加で円形の照明を持ち込みで付けてもらいました。

opusyoncus9.jpg
真ん中の照明を持ち込みで付けてもらいました。
(本来はファンがある位置です。)

次は横向きシートの中の収納庫です。
こちらも標準装備なのですが、通常このシートの中の収納庫は外部からのみアクセスできる仕様となっています。

しかし、外部からの出し入れよりも内部からの出し入れの方が頻度が高いと思い、内部からアクセスできるように変更してもらいました。

opusyoncus10.jpg
矢印部分にドアを作ってもらい、室内からアクセス可能に!

opusyoncus11.jpg
このように開きます。現在ここにはカーテンなどを収納しています。
扉の左にある白いスイッチは室内照明を一括で入り切りできるスイッチや足場を照らす照明スイッチなどです。

さらに、この横向きシートを延長できるシートも作っていただきました。

opusyoncus12.jpg
このように延長できます。
テーブルを囲んで一家団欒の時やプロジェクター使用時に大活躍します。
こちらは完成度が高かったので今後アンセイエの純正オプションになるそうです(笑)

お次は外装まわりです。
アンセイエの純正オプションに発電機収納フレームというのがあります。
右リアに発電機を収納するためのフレームを作るというオプションなのですが、我が家は発電機は使用しませんが、生ごみ等室内に持ち込みたくないものを収納するスペースとして活用したいため発注しました。
その旨を伝えていたのでなんと、ゴミ袋などが落ち無いようにするカバーをサービスで付けていただきました!

opusyoncus13.jpg
特別仕様のカバー付き収納庫です。

opusyoncus14.jpg
カバーはフックで引っ掛けるようになっており、簡単に取り外し可能です。

最後にリアのトランクルームへのアクセスのためのドアです。
こちらは通常よりも大きいサイズに変更していただきました。

opusyoncus15.jpg
写真では分かりにくいですが、上が通常の大きさのドアで、下が大きくしていただいたドアです。
こちらも出し入れしやすくなり大正解でした。

以上、特別仕様のオプション紹介でした。

↓応援クリックお願いします!!↓

にほんブログ村

posted by よっしーパパ at 14:56| Comment(2) | アンセイエ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

アンセイエ通常オプション

今回は我が家のアンセイエに付けてもらったオプションを紹介します。
今回紹介するのはカタログに掲載されている標準のオプションです。
特注で付けてもらったオプションは次回紹介したいと思います。

まずはプロジェクタースクリーンです。
opusyon1.jpg
通常はダイネット上部の収納棚の中に格納されています。

それをシュルシュルっと降ろすと・・・

opusyon2.jpg
このようにプロジェクタースクリーンが現れます!

実はこのスクリーン、オプションのプロジェクターシステムなのですが、本来はプロジェクター本体とセットでのオプションとなります。
しかし、セットですと結構高額になるので、予算の都合上無理を言ってスクリーンだけ付けてもらいました(^^;
いつか、予算が出来たら本体を購入するつもりです(^^;

opusyon3.jpg
こちらはリアのウインドウです。
リアウインドウはリアベッドの上段、下段共にオプション設定があるのですが、うちの場合は下段ベッドの方のみにウインドウを付けました。
なぜかと言いますと・・
下段ベッド側にウインドウを付けると運転席のルームミラーから後方が半分くらい映るからです。
アンセイエは標準装備でバックカメラとモニターが付いていますが、カメラですといまいち距離感がつかみにくかったりします。
そこで、実際にウインドウごしにミラーで確認できると後方確認がよりしやすくなります。
私の場合、実際にミラーで確認する方が見やすいので、付けてよかったと思いました。

お次はもう一点オプションの追加ウインドウです。

opusyon4.jpg
こちらはバンクベッド前面の追加ウインドウです。
バンクベッドの両側面には標準装備で小窓が付いています。
こちらを付けることによってバンクベッドで過ごしている時に前方も見ることが出来るようになります。
見晴らしもよくなるので、こちらも付けてよかったと思いました。
ちなみに窓の左上に付いているものはアラウンドビューモニターの前方用カメラです。

opusyon5.jpg
こちらは屋上のリア部分です。
左上に標準装備のリアラダーが見えます。
あとは画像の通り、ソーラーパネルとマックスファンです。
マックスファンは通常ダイネット天井部に装備されるのですが、屋上の広さを優先させるためマルチルームの上に移動させてもらいました。

opusyon6.jpg
続いては屋上のフロント側です。
ルーフウインドウとフロントルーフラックです。
フロントルーフラックは機能よりもビジュアル的にあった方がカッコイイかなと思い、装備しました。
ルーフウインドウは必須オプションかもしれません。
これが無いと屋上にアクセスするにはリアラダーを上るしか手段が無くなってしまいます。
室内から屋上にアクセスできるのはこのルーフウインドウのみです。
サンルーフとしても非常に採光性が良く、これのおかげでダイネットまでもがかなり明るくなります。

opusyon7.jpg
最後にサイドーオーニングです。
我が家は極力キャンプ場かRVパークでの車中泊にしようと思っているので、使う機会があるかなと思い、付けてみました。

ということで、オプション類の紹介でした。
次回は特注オプションを紹介したいと思います。

↓応援クリックお願いします!!↓

にほんブログ村
posted by よっしーパパ at 19:08| Comment(3) | アンセイエ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

アンセイエ各部紹介2

今回は昨日の続きで、アンセイエの各部の紹介の続きとなります。

まずはエントランス部です。

syokai11.jpg
ドアにはポケットが付いています。
まだ使用していませんが、色々と活用できそうです。
エアコンの吹き出し口も付いています。
これは運転席のエアコンの風が出るそうです。
隣のボリュームは説明を受けましたがすっかり忘れてしまいました(汗)

続いてはバンクベッドに昇ってみます。

syokai12.jpg
バンクベッドに昇ってリアに向かって右側には柱のようなものがあり、そこにはライト、コンセント、エアコンの吹き出し口が付いています。
天井にもスポットライトが付いているので、すべてのライトを点灯するととても明るいです!

syokai13.jpg
こちらはキッチン埋め込みの電子レンジと冷蔵庫です。

syokai14.jpg
我が家の冷蔵庫は40Lとなります。
(スタンダードは60L)
冷凍庫も付いています(^^)

syokai15.jpg
こちらは二列目シートの壁側に付いているスイッチ類です。
100V電源を使用する時は左端のインバーターのスイッチを入れるそうです。

お次は外装周りにいってみます。

syokai16.jpg
運転席側には給油口があります。
それとサブバッテリーを置くスペースがあります。
我が家はオプションでトリプルにしたので、カバーを開けると三つ並んでいます。

syokai17.jpg
運転席リア側には発電機を収納するスペースがあります。(オプション)
その上にはトランクルームへアクセスするドアが付いています。

syokai18.jpg
ドアを開けるとトランクルームです。
上の1/3ほどは下段ベッドが見えています。

syokai19.jpg
ぐるっと回って助手席側のリアです。
一番お尻に100Vの入力ソケットがあります。
RVパークやキャンプ場などでは必須ですね!

syokai20.jpg
シンクの排水タンクの水を処理する時はこちらを開けます。

以上、アンセイエの各部の紹介でした。

次はオプション装備の紹介です!

↓応援クリックお願いします!!↓

にほんブログ村

posted by よっしーパパ at 19:57| Comment(2) | アンセイエ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。